子育て1年生あかつきの“毎日笑顔で過ごしたい”

0歳の男の子を育児中。モットーは「毎日楽しく、人生はよりよい方へ」。

毎朝ワクワクして目覚めたい

私は独身の頃、会社員として働いていました。

激務でしたし、あまり職場環境も良くなかったので毎日会社に行くのが憂鬱でした。

最終的に体を壊してその会社は辞めてしまったのですが…

 

毎朝憂鬱に目覚める事が当たり前になっていないか

体を壊すほどの労働環境ですから、毎朝憂鬱な気分で目覚めていました。でも当時はそれが当たり前。憂鬱な気分で目覚めるのが当然のことで、“自分は今憂鬱な気分だ”と自覚する事すらなかったと思います。

日曜日の夜に翌日からの1週間を思って憂鬱になる。毎日夜寝る前にあと何日働けば週末が来るのか(週末がないこともよくありましたが…)を数えて眠る。

“社会人ならそんなもの”

“働いて生きていくって、そういうこと”

“毎日頑張っている証だ”

そう考えていました。

 

“私の人生はこんなものだ“と無意識に決めつけてはいないか

 私はもう2度と憂鬱な気分で始める朝は迎えたくない。それが当たり前になってしまう生き方はしたくありません。

“それが当たり前だ”と無意識に決めつけていた日々は、経済的には安定していたかもしれないけれど、心はどんどん死んでいきました。結果、会社に行けなくなる程に心身ともに追い詰められてしまった。

自分が決めつけてしまった以上の人生なんて、送れるはずがないのです。

 

よりよい人生を夢見ていきたい。私の人生は幸せなものだと、当たり前のように思いたい。

“私の人生はもっと良くなる”

“毎日ワクワクして目覚めるのが当たり前”

自分の人生に対してこのようなイメージを持てるようになりたいと考えています。昔ほどではありませんが、すぐにそんなことあるわけない、と否定してしまう自分がいます。

どうして、憂鬱な毎日は続いていくことが当たり前と捉えているのに、幸せな毎日は続かないと考えてしまうのだろう。

自分の人生に対するイメージなんて自分で決められるのだから、よりよい人生を当たり前のように夢見ていきたい。

 

まずは明日の朝、ワクワクして目覚めるところから

毎朝旅行の1日目のようなテンションで目覚めたいわけではないけれど(笑)、“今日もいい日になりそう、いい日にしよう”くらいの気持ちなら持てるはず。

人生は毎日の積み重ねだから、ある日突然幸せな毎日が訪れるなんて事はないのです。

いい気分で目覚める毎日を夢見るのならば、まずは明日の朝から。そんな毎日を積み重ねて行けば、人生はより良いものになるんじゃないかと思います。