子育て1年生あかつきの“毎日笑顔で過ごしたい”

0歳の男の子を育児中。モットーは「毎日楽しく、人生はよりよい方へ」。

【モノを減らす】ガラクタを捨てて傘立ての撤去に成功! 家の中の動線が良くなると、ストレスは大幅に減少する

2週間ほど前、履かなくなった靴を断捨離しました。

aurore421.hatenablog.com

 その時の玄関の状態がこちら。

f:id:aurore421:20170607134317j:plain

靴がすべて下駄箱に収納できるようになりました。かなりすっきりしましたが、私が気になっていたのが傘立ての存在。というのも、私は普段大きめのリュックをマザーズバッグとして使っているので、出入りするときにリュックが傘に引っかかって傘立てが倒れるという現象がたびたび発生…。ベビーカーやチャイルドシートへ子供の乗り降ろしするときに倒れるとイライラMAX!! 今回、不用品の断捨離をして傘立ての撤去に成功しました。

 

まずは不要物の撤去。ガラクタの処理。話はそれからだ!

普段から断捨離断捨離言っていますが、モノの整理・管理をしていくには本当に「まずは捨てる」。これしかないと思っています。大量のモノを管理できる方もいらっしゃると思いますが、私はできません…。アパート暮らしなので容量の限界もあります。

我が家には玄関わきに縦型の収納があり、主にドラッグストアで買うような日用品のストックを中心に収納しているのですが、その中に入っていたモノを断捨離&整理しました。

定期的に見直ししているつもりだったのに、不要なモノが出てくること出てくること…。

  • 使用期限の切れた日焼け止め、ボディクリーム、スキンケア用品→いつ開封したかも分からず、普段使用していないモノは使うのが怖い&今後も使わないので断捨離。
  • シュシュやヘアクリップ→数年前に流行った形のモノや、今のヘアスタイルに合わないモノは断捨離。
  • 去年(一昨年かも…)買ったマニキュア→子供が産まれて使う機会がなくなった&固まってしまっていたので断捨離。
  • ポーチ→デザインが可愛くても使い勝手が悪い形のモノは結局使わないので断捨離。
  • 何かの部品→意味不明なので断捨離…。

諸々捨てまくった結果、その収納の中に傘立てごと入れてしまうことに成功しました。

本当は画像を公開できるといいんですが、プライベートなモノが写りこんでしまうので今回は文章だけで…。ごめんなさい。

 

他にも、ヘアトリートメントのストックが2本あったり、乳液のストックが4本あったり、お風呂用洗剤のストックが2本あったりと、ストックを持ちすぎている傾向があったので、これは使いながら減らしていこうと思います。基本的にストックは1つあればいいんじゃないかなと思っています。

傘立て撤去後の玄関がこちら。

f:id:aurore421:20170619080014j:plain

 

傘立てを撤去して変わったこと3つ。子供を抱きかかえながらの玄関の出入りが圧倒的にスムーズに! 傘を干すのも楽になった。少し自信が持てるようになった。

傘立てを撤去してみて、大きく生活が変わりました!

《変わったこと①》

大きいリュックを背負って子供を抱っこして…、という状態での玄関の出入りが本当に楽になりました。全く障害物がないんですから、当たり前ですね。これだけで日々のストレス度が全く異なります。お出かけも気軽にできるので、フットワークが軽くなりました。

《変わったこと②》

外で使った傘を玄関で干す作業がスムーズになりました。今までも玄関で干していましたが、他の傘が濡れたり、玄関に出ている靴が濡れたりとこれも結構なストレス。傘を干すために靴を動かしたい→下駄箱に入らない→新聞を持ってきて靴を家の中に置いておく、という手間がなくなりました。玄関が濡れても雑巾でサッと拭けます。ノーストレス!!!

《変わったこと③》

こまめに玄関の靴を揃えたり、片づけたりするようになりました。基本的に下駄箱から出ているのはその日履いた靴と、サッと履けるクロックスだけ。玄関がきれいだととても気持ちがよくて、きれいな玄関が目に入るたびに気分がよくなります。自分がいい主婦のような気もします(笑)。これも、日々のストレスを大幅に減少させていると感じています。

 

家の中でのストレスを減らしたければ、まずモノを減らすところから。家事育児の動線を徹底的に良くしたい。

靴と傘立てを減らしたことで、想像した以上に日々の生活が楽になり、驚いています。

  • 何かに引っかかる。
  • 何かに動きを妨げられる。
  • いちいちどかさなければならない。
  • 避けたり踏んだりしないと動けない。

こういったことは、地味にストレスになるんだなぁ。

モノを減らして家の中の動線を良くすることで、家事育児のストレスはかなり減少させることができます。安全性も高まります。子供が動き回るようになる前に、もっとスムーズに動ける家にしていこうと思います。